公式【キングダム −英雄の系譜−】最速攻略wiki

IOS/Androidで好評配信中のキングダム −英雄の系譜−の公式攻略wikiです。

武将について

武将について

武将とは

武将は部隊を構成するキャラクターです。
基本ステータス
・レベル
一定の武将の経験値(武功)を獲得すると、武将のレベルがあがります。レベルアップによって他のステータスも上昇します。

・武功
戦場MAPで敵部隊を倒し、クリアすることによって経験値が獲得でき、一定値を超えるとレベルがあがります。
稽古で経験値を獲得することも可能です。

・戦力
武将のHPを指します。戦力が0になると戦闘不能になります。戦闘不能の場合、戦闘時に選択することができなくなります。

・武力
武将の攻撃力を指します。武力は武力攻撃や武力必殺技でのダメージに影響します。

・指揮
武将の防御力を指します。相手の武力が高い時に効果を発揮します。指揮は武力攻撃や武力必殺技、指揮必殺技でのダメージに影響します。

・知力
武将のかしこさを指します。知力は援護攻撃で与えるダメージや知力必殺技で与えるダメージに影響します。敵からの援護攻撃、知力必殺技によって受けるダメージにも影響します。

・覚醒回数と継承
覚醒回数は覚醒した回数を表しています。覚醒を限界まで行い、かつ武将のレベルをMAXにすると「継承」が行えるようになります。

・武将+
覚醒が限界の達したあとに、同じ武将を入手すると武将に+の数字が付きます。数字が増えるほど武将のステータスが上昇していきます。最大は99です。

・兵科
武将は以下の3つの兵科に分類されます。
「剣」「槍」「弓」

武将の兵科が敵の弱点と一致した場合、武将のステータスが上昇します。
これは兵科特攻と呼ばれます。

・レアリティ
武将には以下のレアリティが存在します。

★★
★★★
★★★★
★★★★★
上記の順番でレアリティは高くなります。レアリティが高いほど獲得は難しくなります。

後方予備隊専用武将
部隊編成において前方(通常の戦闘で使用する部隊)に組み込むことが出来ない、後方予備隊専用の武将になります。

特定武将の後方予備隊に設定した際、通常の武将よりもステータス補正の上昇値が高くなります。

後方予備隊専用武将は、必殺技を所持しておらず、代わりに将器を2つ所持しています。

後方予備隊専用武将は、各種一覧の「武将を選択」画面か、後方予備隊の編成をする際の「武将を選択」画面の時のみ、武将群の中に表示されます。

赤線は上部に記載された将器1の効果、白線は下部に記載された将器2の効果、金線は将器1及び将器2の効果、青線はステータスUP効果が与えられていることを示します。

※新登場の扇アイコンは、「後方予備隊専用武将」を意味しており、新兵科の追加ではありません
※従来の兵科(剣、弓、槍)に設定している強弱関係には、影響を与えません

部隊編成
部隊編成画面では、戦場MAPへ出陣するための部隊編成を行います。

1部隊最大5名の武将で構成されます。
プレイヤーは最大3部隊を編成することが可能です。

最大三部隊の編成を軍と呼び、
最大で四軍まで編成可能です。

※原則として同一武将はレアリティに関係なく、一度に一名までしか出陣できません
例)信★★、信★★★、信(飛信隊)★★★ はいずれか一名のみ

覚醒
同じ武将を入手するごとに、その武将が真の力を解放していきます。これを覚醒と呼びます。

・覚醒すると、レベル上限が上がります。
・覚醒上限回数は、武将ごとに異なります。
・覚醒を上限回数まで繰り返すと「継承」が行えるようになります。
・覚醒上限まで達した際に、覚醒すると武将に+の値が付きます。

※武将が+99に達している状態で同じ武将を入手すると、★3~★5武将の場合はその武将のレアリティの「1つ下の将魂」が獲得され、★1~★2武将の場合は金が入手できます。

継承
武将の覚醒度MAXかつ成長度MAXになると、「継承」をすることができます。
継承は、覚醒度MAXかつ成長度MAXになるごとに選択することができます。
継承を実行すると、「将魂(装備品)」が生成される替わりに、該当武将は消滅してしまいます。
継承対象となった武将の装備品は、装備一覧画面に戻されます。

所持可能武将数について
所持武将数が、所持可能数を超えている場合、出陣できなくなります。
その場合は、武将を「解雇」してください。

武将の保護について
武将詳細画面では、「錠マーク」をタップすることで武将を保護することができ、誤って解雇・継承することを防げます。
保護された武将のアイコンには、「錠マーク」が付きます。

最終更新 :

掲載中の画像、データ等は開発中のものを基にしているため、実際とは異なる場合がございます。

この記事のコメント(70)
新着順
評価順
コメントしよう...
コメントをもっと見る
コメントしよう...

最近更新した記事